勃起の「スイッチ」について

勃起の「スイッチ」について

勃起は、「PDE5」というものにより阻害されています。
PDE5が常に働き続けているので普段は小さくなっているようなものなのですが、
これを抑制することで勃起を行います。

また、勃起にはペニスの内部に血液を充満させることが前提になります。
その為男性は、性的興奮を覚えると、cGMPという物質が血管を拡げる働きをします。

PDE5の抑制と、cGMPという物質で血管を広げるというのが勃起のスイッチです。

ED患者は主に、この二つの機能が衰えていることで症状が発症しています。
その為、ED治療薬のほとんどに、
この「PDE5」の抑制と、「cGMP」の手助けを行い成分が含まれています。

特に、ED患者のほとんどが動脈硬化に近い状態です。
もちろん動脈硬化を実際に患っている方も多いのですが、
高血圧、糖尿などにより血流が極端に悪い男性がEDになりやすいのです。

それにより、先程血管を拡張させると説明したcGMPが活動できず、
勃起を誘発できないのです。

これは、治療薬を使わずとも、生活習慣を改善すれば改善されることがほとんどです。
ED治療薬は、少ない影響ですが身体に負担をかけてしまいます。

出来ることならば、治療薬を使いつつも、
完治できるように生活習慣を見直しましょう。

新着記事

類似記事

関連サイト