ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用

ED治療薬として日本では、
バイアグラ、レビトラ、シアリスが認可されていますが、
日本以外では他にも存在しており、
また、日本のように病院でしか処方されないわけではなく、
ドラッグストアなどで購入することができます。

その為、海外はED治療薬の敷居が日本よりも圧倒的に低いと言えます。

日本でも、個人輸入代行サイトなどを利用すれば、病院を通さずに
ED治療薬を購入することができます。

しかし、副作用が強い薬でもある為、その点において
深く注意する必要があります。

日本で認可されているED治療薬は、3つとも主成分こそ違いますが、
ほぼ同じような作用を施します。
その作用が血管拡張作用です。

血管を一時的に拡げることで血流を良くし、
ペニスに血液を流し込むことで勃起できる環境を整えますが、
その作用により
頭痛、目の充血、のぼせなどの症状が起こることがあります。

これは特に懸念すべき点では無いのですが、医師の診察を受けない個人輸入だと、
このような情報を事前に知っておく必要があります。

また、グレープフルーツなど、同じく血管拡張作用を持っている食材と
同じタイミングで摂取してしまうと、
とても危険な症状を誘発してしまう恐れがあります。
ED治療薬との危険な組み合わせについても良く理解しておきましょう。

新着記事

類似記事

関連サイト